FC2ブログ

ギターマガジン第6回誌上ギター・コンテスト課題曲を弾く場合

 ギターマガジン第6回誌上ギター・コンテストの〆切が迫ってきました。

 菰口雄矢氏による課題曲"The Bitter End"なんですが、ここ二ヵ月練習してきたものの全く弾けてません。自分のブログを見返すと、
幸い、田川さんのときのように"頑張らないとまずい速弾き"みたいなフレーズはなさそうですけれども、ニュアンスとか難しそうです。それよりも、フレーズを覚えることが先決でしょうね。
 などと余裕めいたことを書いているのですが、

 実際、めちゃめちゃ頑張らないと弾けません(苦笑)。
 
 

 フレーズが物凄くややこしくてただでさえ弾きづらいのに、曲自体のテンポが早いですし、ハネてるのも厄介です。いやはや、大変です。

 まずフレーズが覚えられないので、原曲の再生速度を70%まで落として地道に覚えていきました。何度も何度も弾くことで指に叩き込む感じで。そうしないと、とてもこの曲のテンポについていけないのです。

 今だ100%のスピードにはほど遠く、とりあえず練習動画でも挙げてみようと思ったんですが今弾いてみたら80%でも全然弾けていないことが発覚(爆)。間に合うのでしょうか。

 まあとりあえず、練習過程ということで挙げてみます。結構駄目ですね(苦笑)。


 音作りはPOD X3 LIVEのみ、ギターはいつも使っているストラトなんですが、この曲には一弦22フレットの音があるのでチョーキングで作らないといけないんですよね。レスポールにしようかな~。

 ピックは色々試した結果、定番でジムダンロップのJazz3ツルツルを使ってます。というのも、菰口氏が使ってるそうなので習ってみたまでです。
JIM DUNLOP 47R JAZZ III BK 1.38 ピック×12枚JIM DUNLOP 47R JAZZ III BK 1.38 ピック×12枚
JIM DUNLOP
商品詳細を見る
 確かに、こういう難解なフレーズを弾くには非常に向いている気がします。硬さもありますし、速く弾くときやスウィープのときに抵抗が少ないのでピッキングしやすい気がします。あと、Jazz3はザラザラとツルツルがありますけれども、両方試した結果私はツルツルのほうが好みでした。ザラザラはちょっと引っ掛かる感じがスピード感を損ねる気がしたのです。

 もう、文章に全部「気がします」ってつけてますけど、ピックに関しての感じ方はおよそ気のせいがでかいんじゃないかと思うんですよね。まあ様々なプレイスタイルに対して、モノによっては物理的に考えても有利・不利はあると思うのですが、ピックって結構個人の好みによるんですよね。意外なモノが弾きやすいと感じたりするもので、色々試すべきだなあと思ってます。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : エレキギター
ジャンル : 音楽

tag : ギターマガジン

コメントの投稿

非公開コメント

回転富士山管理人

rollingman

rollingman
3ピースロックバンド
"Amplified Delta Bluez"
にてGt&Voを担当

・・・してましたが
現在活動休止中

回転富士山地図/目次
ふもと
   エフェクターレビュー
ギターよもやま
   ギターのよもやま話
盤評山
   CDレビュー
カテゴリ
最新の記事
全記事一覧

全ての記事を表示する

ユーザータグ

月別記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
996位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
45位
アクセスランキングを見る>>
ブログ検索
QRコード
QR
カウンター
最新つぶ山
最新のコメント
リンク
ギターコードブック
最新のトラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる